松阪牛の生産地域

松阪牛といえ日本国内はもちろん、世界にもその名が知られているブランド牛肉の事です。

松阪牛が生産されているのはブランド牛の名前からもわかるように、三重県の松坂市です。

ただし松坂市だけで作られているのではなく、他にも三重県内の旧松阪肉牛生産者の会の会員居る22市町村で作られています。

旧松阪肉牛生産者の会としているのは、市町村合併により町や村の名前が変わっている場所もあるため、区別する意味で敢えて旧松阪肉牛生産者の会としています。

日本が誇るブランド牛は他にもいくつかの地域にありますが、三重県内で生産されているからといってすべてが松阪牛だとは限りません。

松阪牛と名を付ける事を認められているのは、松阪牛協議会の会員のみです。

例え松坂市で牛の飼育をしていても、松阪牛協議会の会員ではない場合は松阪牛とは認められません。

松阪牛協議会の会員になるには条件もありますし、いくつもの厳しい管理条件をクリアして初めて松阪牛となるのです。

牛にも種類があるので、種類によって肉質も大きく変わります。

日本では和牛と呼ばれる和種と乳用種の2種類が飼育されていますが、海外に多いのは西洋牛と呼ばれるタイプです。

和種は日本にしかいない牛ですが、独自の肥育法で飼育する事で西洋種には見られない霜降り肉となるのです。

霜降り肉になるのは和種だけの特徴ですが、肉質を良くするために和種と乳用種を交配させる事もありますが、この場合は交雑種となります。

関連サイト=>[誕生日プレゼントに生まれ年ワイン | 彼氏 彼女 友達へ – シエル・エ・ヴァン